ニキビ跡を消すためにはどうしたら良いか? 治療を比較してみた

様々なにきび治療...どれがいいの?

顔にポツポツと咲いたニキビ、目にする度に心はどんよりしてしまいますよね。 でも、さらに憂鬱なのはその後、そうです、ニキビが治った後までも顔に残る赤や紫の色素沈着、 まるでみかんのようなデコボコの肌、ニキビを治す以上に厄介なニキビ跡の存在です。これをいかにして治すのか、 本当に頭の痛い所です。

ニキビ跡の治療法の比較をしてみました。

ニキビ跡の治療ですが、まず大切なことは決して独りよがりに自宅ケアしないで、美容皮膚科等専門家に見せる、 ということです。特に凹凸になってしまった跡を自宅ケアで治すのは、ほとんど不可能です。 自分の手でやることにこだわると、返ってよけいにひどくしてしまう恐れがあるのです、私のように。 ですから、必ず専門家の手を借りましょう。 また、まだ完全にニキビが治っていない場合には、まずはそちらの治療を優先してください。 一緒に治そうとすると、こちらもやはり悪化する可能性があります。

ニキビ跡を治すには、ピーリング、レーザー、光照射、投薬などがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

ピーリング
レーザー治療
光照射治療